vol.13

法政大学

12/9(日)13:30~16:30
法政大学 外濠校舎 薩埵ホール

[テーマ]江戸から未来へ
アバター for ダイバーシティ

江戸文化は多くの小規模な共同体によって担われ、人々は共同体ごとに異なる名前を使い分けていました。現代ではネット上に、多様な人々の第二の自分(アバター)が集う文化が形成されています。江戸から未来の東京を貫く「多様性を認め合う社会」について視野を開きます。

プログラム
第一部 基調講演

田中優子

法政大学総長 江戸文化研究者

PROFILEたなか・ゆうこ●1952年、神奈川県出身。法政大学文学部卒業、大学院人文科学研究科修士課程修了、博士課程単位取得満期退学を経て、同大学の教員に。2003年に社会学部教授、12年に社会学部長。14年から同大学総長(現在に至る)。

第二部 プレゼンテーション

ComingSoon

第三部 パネルディスカッション

ComingSoon

開催概要
日 時
12月9日[日]
13:30~16:30
会 場
東京・市ヶ谷 法政大学 外濠校舎 薩埵ホール
東京都千代田区富士見2丁目17−1
JR市ヶ谷駅または飯田橋駅から徒歩10分
定 員
700名

朝日教育会議事務局 お問い合わせ:https://krs.bz/asahi/m/aef-toiawase
営業時間:月~金(10時~17時)※祝日を除く

朝日教育会議事務局 お問い合わせ:https://krs.bz/asahi/m/aef-toiawase
営業時間:月~金(10時~17時)※祝日を除く

朝日新聞