vol.11

聖路加国際大学

11/29(木)18:00~21:00
大村進・美枝子記念 聖路加臨床学術センター 日野原ホール

[テーマ]人生100年時代に向けた医療と看護の質

直面する超高齢・長寿化社会。老い、病、そして命と向き合う医療、看護の役割とは何でしょうか。聖路加国際病院で開始された高等看護教育はまもなく創立100周年を迎えます。人生100年時代に向け、未来の医療の進歩を見通しながら議論を重ねます。

※お申し込みの受付は終了しました。

プログラム
第一部 基調講演

18:05~18:50

ネット社会だからこそ、必須の感性、考える力、会話力

柳田邦男

ノンフィクション作家

PROFILEやなぎだ・くにお●1936年栃木県出身。1960年東京大学経済学部卒業、NHK記者を経て作家活動に。現代人の生と死をテーマに災害・事故・医療・原爆被爆・原発等の問題に取り組む。「心の発達・成熟と絵本の力」の活動も。

第二部 プレゼンテーション

18:50~19:15

人生100年時代に全人的な医療を提供するということ

福井次矢氏

福井次矢

聖路加国際大学 学長 聖路加国際病院 院長

PROFILEふくい・つぐや●京都大学医学部卒業。聖路加国際病院にて内科研修、ハーバード大学公衆衛生大学院修了。佐賀医科大学教授、京都大学教授を経て、2005年聖路加国際病院院長に就任。聖路加看護学園理事長、聖路加国際大学理事長を歴任し、2016年より聖路加国際大学学長。

第三部 パネルディスカッション

19:30~21:00

健康寿命を支え、ヒューマニティーあふれる看護めざして

<パネリスト>

柳田邦男

柳田邦男
作家

自分物名が入ります。

福井次矢
聖路加国際大学 学長
聖路加国際病院 院長

自分物名が入ります。

堀内成子
聖路加国際大学看護学部長
看護学研究科長

ほりうち・しげこ●聖路加看護大学大学院看護学研究科博士課程修了。1994年より聖路加看護大学(現聖路加国際大学)教授。日本助産評価機構理事長。アジア・アフリカ圏の妊産婦の健康改善事業のほか、親と子の絆オキシトシン研究を推進。

<コーディネーター>

木之本敬介

木之本敬介
朝日新聞社 就活コーディネーター

きのもと・けいすけ●1986年入社、政治部記者、採用担当部長などを経て就職情報サイト「あさがくナビ」編集長。大学などでの講義・講演多数。朝日新聞にコラム「知る就活」連載中。著書に「最強の業界・企業研究ナビ」。

開催概要
日 時
11月29日[木]
18:00~21:00 (開場 17:30)
会 場
東京・築地 
大村進・美枝子記念 聖路加臨床学術センター
日野原ホール

東京都中央区築地3丁目6
東京メトロ築地駅から徒歩1分、新富町駅から徒歩4分
定 員
240名
【お申し込みの受付は終了しました】

朝日教育会議事務局 お問い合わせ:https://krs.bz/asahi/m/aef-toiawase
営業時間:月~金(10時~17時)※祝日を除く

朝日教育会議事務局 お問い合わせ:https://krs.bz/asahi/m/aef-toiawase
営業時間:月~金(10時~17時)※祝日を除く

朝日新聞