vol.13

千葉工業大学

12/8(日) 13:00~16:00
ベルサール六本木

[テーマ]未来の文明をどのように構想するのか

ホモ・サピエンスは、他のホモ属とは異なる。生物圏から分かれて、人間圏を作って生き始めたことだ。その結果、地球システムのモノやエネルギーの流れは効率化し、拡大した。最近は知の流れも拡大している。文明が発展するとはこのことをいう。大学はこの知の流れに深く関わる。基調講演では、こうした視点から、大学と社会の関わりについて述べる。


プログラム
基調講演

松井孝典

千葉工業大学惑星探査研究センター所長、惑星科学者

PROFILEまつい・たかふみ◎1946年静岡県生まれ。理学博士。専門は地球惑星物理学。東京大学、同大学院博士課程修了。NASA研究員、東京大学大学院教授などを経て2009年より現職。東京大学名誉教授。日本の惑星科学の第一人者。

パネルディスカッション

パネルディスカッションでは、
宇宙開発やロボットと私たちの暮らしのつながりについて論じます。

開催概要
日 時
12月8日(日)
13:00~16:00
会 場
東京・六本木 
ベルサール六本木
東京都港区六本木3丁目2−1
東京メトロ六本木駅 2番出口徒歩2分
都営地下鉄六本木駅 4b出口徒歩4分
定 員
400名

朝日教育会議事務局 お問い合わせ:https://krs.bz/asahi/m/aef-toiawase
営業時間:月~金(10時~17時)※祝日を除く
《よくあるご質問》

朝日教育会議事務局 お問い合わせ:https://krs.bz/asahi/m/aef-toiawase
営業時間:月~金(10時~17時)※祝日を除く
《よくあるご質問》

朝日新聞