朝日教育セミナー2018
どう変わる、どう備える。大学入試改革と社会で求められる力

 2018年7月24日に、朝日教育セミナー2018「どう変わる、どう備える。大学入試改革と社会で求められる力」(主催:朝日新聞社 共催:中日書房)を開催します。

 本セミナーでは変わる大学入試に対応し、社会で活躍する能力を育むための新聞活用法をご紹介します。

 前半は、一色清・朝日新聞社教育コーディネーターが、今後の社会で求められる力と高校生の学びについて考察します。

 後半は愛知みずほ大学・瑞穂高校で新聞を使った教材を積極的に授業で活用されている樫内久義先生に事例をご紹介いただきます。

 高校、中高一貫校の教職員の方であれば、参加無料でどなたでもご参加いただけます。この機会に是非お気軽にお越し下さい。

プログラム

1.基調講演「AI時代を生き抜くための高校生の学び」
一色 清
朝日新聞社 教育コーディネーター
2.事例紹介「汎用的能力の育成を見据えて~『時事ワークシート』の活用」
樫内 久義氏
愛知みずほ大学瑞穂高等学校 広報部部長
3.解説「新聞記事から教材を制作するポイント~朝日新聞時事ワークシートfor schoolについて」
竹中 和正
朝日新聞社 教育事業部担当次長(朝日新聞時事ワークシート 編集統括)
お申し込みはこちら

開催概要

会場
朝日新聞名古屋本社(名古屋市中区栄1丁目3番3号)
開催日時
2018年7月24日(火) 13:00 ~ 15:00
参加費
無料(応募多数の場合は抽選、当選者のみメールで受講証をお送りいたします)
申込
お申し込みはこちらから
申込締め切り
2018年7月17日(火)
お問い合わせ
朝日新聞社教育総合本部 03-5540-7465 edu-ws@asahi.com
中日書房   052-931-1114 chunichi-shobou@room.ocn.ne.jp