教材本体について

Q.「時事WS」の概要を教えてください。
A.朝日新聞の記事を素材にした、プリント教材です。最新のニュースを旬のうちに問題に加工して、専用サイトにアップしています。ユーザーはダウンロードして使います。解答・解説シートがセットになり、素材記事がついているものもあります。
Q.「時事WS」は何種類ありますか?
A.2021年度は7種類です。天声人語、1面のニュース、図やグラフを使った解説記事など、様々な種類の記事を使った教材をご用意しています。
Q.教材は毎週更新されるとありますが、何曜日に更新されるのですか?
A.「最新ニュース早わかり」は月曜日正午をめどに、ほかの教材は水曜日午前0時に更新します。配信回数は年間49回を予定しています。
Q.どの年齢層を対象とした教材ですか。
A.主に大学生、専門学校生、高校生向けの教材です。
Q.過去に配信された教材も使えますか?
A.いずれの教材も、更新から1年(高校向けの時事ワークシートfor schoolは半年)を経過すると、専用サイトから削除されます。例えば、2021年の4月中に更新された教材は、2022年の4月末日をもって見られなくなります。
Q.「時事WS」を活用することでどのような力が育まれますか?
A.読解力、思考力、表現力を育みます。これらの力をつけるために、各シートは以下の学修ポイントを踏まえ、制作しています。
「ことば(漢字や時事用語など)を鍛える」
「論理的な文章に慣れる」
「重要・話題のニュースを知る」
「記事やデータを読み解く」
「自分の考えをまとめる」
シートごとに重視するポイントは異なりますので、「教材の種類」のご案内を参照してください。
Q.シートを選ぶ際のポイントはありますか?
A.シートは、一つ前のQ&Aで挙げた学修ポイントに合わせて、出題形式を変えています。選択肢・語群から選んで解答するもの、自分の考えをまとめて記述するものなどがあります。お使いいただく場面と強化したい学生の力などを考慮して、お選びください。制作担当者がご相談に応じることも可能ですので、電話やメールでお気軽にお問い合わせください。
Q.どのコンテンツが多く採用されていますか?
A.「新聞の読み解き」「図表の読み解き」「最新ニュース早わかり」のご利用が多くなっています。

利用シーンについて

Q.どのような授業や場面でよく使われていますか?
A.7種類のシートの特長を生かし、多様なシーンで活用いただいています。例えば、時事への関心や自分の考えをまとめて表現する力の育成を目的とする授業や、論理的な文章に慣れること、読み書きの基礎強化を目的とするような初年次教育や入学前教育などで導入いただいています。公務員試験などの資格試験対策やキャリア教育のなどの進路指導においても活用いただいています。
時事ワークシート導入校の活用方法は「活用事例」で詳しく紹介しています。
Q.学生が直接利用することは可能ですか?
A.教材ダウンロードサイトのご利用は、原則、教職員の方に限らせていただきます。
Q.入学前の学生に使うことはできますか?
A.可能です。プリントアウトしたシートを冊子にまとめて入学予定の学生に郵送するなど、入学前教育の教材としてご活用いただいております。
Q.留学生の学習に利用している事例はありますか?
A.はい、あります。留学生が基本的な日本語の語彙力を身につけたり、日本語で時事問題を学んだりするための教材として好評です。また、日本語コミュニケーションの演習科目などでは、社会の課題について学生同士で意見交換するグループ学習などにも活用されています。難しい漢字に「ルビ」がふられているので、学生の多様な日本語レベルにも対応可能です。

システム関係

Q.IDとパスワードはいくつもらえますか?
A.原則として一つの学校に一つのIDとパスワードを発行しています。一つのIDとパスワードで複数の先生が同時にログインできます。
Q.スマートフォンからは利用できますか。
A.利用できません。
Q.時事WSが利用できる端末は限られますか?
A.学内ネットワークに接続された端末に限られます。学内ネットワーク以外からはログインできないように、IPアドレスによるアクセス制限を設定しております。
Q.動作環境を教えてください。
A.下記を推奨しています。
Windows 8.1以降:Microsoft Internet Explorer11、Firefox最新版
Mac OS X10.9以降:Safari最新版、Firefox最新版

契約について

Q.年度の途中で、利用するシートの種類を変更できますか?
A.できません。本サービスの利用契約は、4月~翌年3月の年度単位での契約であり、利用するシートは年度当初にお決めいただきます。
Q.個人で契約することはできますか。
A.学校向けのサービスですので、個人ではご契約いただけません。
Q.年度途中で契約を開始することはできますか?
A.できます。年度途中から利用契約した場合は、最初に迎える3月末までを契約期間とし、利用月数に応じて料金をお支払いいただきます。翌4月以降は年度単位での契約となります。
Q.契約・利用開始までの流れを教えてください。
A.当社指定の申し込み用紙に必要事項を記入し、提出していただきます。その後、教材ダウンロードサイトを使用するためのIDとパスワードを発行します。契約をご検討いただくための、無料お試し利用サービスを実施しております。
Q.単一学部しかないのですが、どういう契約になりますか?
A.3教材のご利用であれば、学部版での契約が可能です。6教材以上をご希望であれば、全学版での契約をご検討ください。

お試し利用について

Q.お試し利用の概要を教えてください。
A.7教材が毎週更新される教材ダウンロードサイトを1カ月間、無料でお試しいただけるIDとパスワードを発行致します。こちらよりお申し込みください。
Q.月途中からでも開始できますか?
A.できます。お試し利用の申し込み時点から3営業日以降であれば、開始日をご指定いただけます。
Q.IPアドレスはどのように確認できますか?
A.こちらをクリックしてご確認ください。
Q.学内で検討中なのですが、教職員に説明していただくことは可能ですか?
A.ご相談に応じます。お問い合わせください。

お問い合わせ 朝日新聞社 教育総合本部

03-5540-7730

ご契約者専用ログインページはパソコンからご利用ください。

サービス・商品一覧

教材・キャリア教育

今解き教室
今解き教室L1 入試で問われる思考力や記述力を養える総合学習教材です。 社会が抱える問題を豊富な新聞記事や図表で解説、子どもの好奇心や探究心に応えます。毎月2冊(基礎・発展)発行。
おしごとはくぶつかん
おしごとはくぶつかん 小・中学生や教師向けのキャリア教育支援サービスです。 全国の博物館や工場見学可能施設の検索もできます。キッズサイトでは、ゲーム感覚で本物の仕事が親子で学べます。
天声人語書き写しノート
天声人語書き写しノート 朝刊1面のコラム「天声人語」を同じ字数、同じ行数のマス目に書き写します。 言葉や漢字、時事問題の知識などが増え、文章力もつきます。メモ欄は日記代わりにも。
天声こども語学習ノート
天声こども語学習ノート 朝日小学生新聞の1面に週5回掲載している「天声こども語」を書き写します。 言葉調べや要約の欄のほか、読み解きのヒントのページもあって国語の学習に役立ちます。
天声人語書き写しノート英訳版
天声人語書き写しノート英訳版 英語を読む力を身につけ、発信する力に! より抜きの「天声人語」の英訳14 回分を書き写します。天声人語の原文(日本語)も掲載しています。時事英語にも詳しくなれます。
天声人語書き写しシート
天声人語書き写しシート 天声人語とそれを書き写すマス目が一体となったシートです。 シートをプリントするだけで書き写しに取り組めます。旬の話題に触れながら、ことばの力が身につきます。
時事ワークシート
時事ワークシート 大学・専門学校版 高校、大学、専門学校などの団体向け電子教材。 最新の新聞記事を活用し、A4判の問題1枚・解説1枚を毎週更新。全7教材で専用サイトから何度でもダウンロードできます。
朝日新聞 時事ワークシートONLINE
朝日新聞 時事ワークシートONLINE 朝日新聞を素材とした教材で、オンラインで解答&採点。 高校・大学・専門学校向けに2021年度スタート!手軽に最新の時事を学び、「記述式」で思考力・判断力・表現力を伸ばします。
朝日新聞e-Learning
朝日新聞e-Learning 記者経験者が厳選した「記事」を毎週3本配信します。 内容を理解できたかどうかを確認する「問題」つきですので、クイズ感覚で問題を解きながら、楽しく記事を読み進めることができます。

コンテンツ紹介